自損事故保険の金額,車両保険

自損事故保険とは

自損事故保険は、自分の過失によって起こした事故を保障する保険です。

 

 

多くの場合で自損事故保険は、対人保険に付帯している特約で、料金もかからないようです。

 

 

交通事故では、相手があるケースをイメージしますが、自損事故は多く発生しています。

 

 

たとえば、「余所見をして標識にぶつかった」「ハンドル操作を誤りカーブを曲がれず、ガードレールに衝突した」など、自分の不注意などで起こってしまう事故のことです。

 

 

国から加入が義務付けられている自賠責保険は、同乗者への慰謝料は発生しますが、加入者の損害に対して保障はできません。

 

 

自損事故保険はドライバーを保障するための保険といえます。 また、単独の自損事故だけではなく、相手がいる場合での自損事故にも適応されます。

 

 

「駐車場で停車している車にぶつかった」「センターラインをはみ出して衝突した」など、相手側に過失が全く無い100対0の事故でも、ドライバーの保障がされます。

 

 

自損事故保険の補償は、契約者が死亡した事故では1,500万円、後遺障害の場合はその度合いによって50万円から1500万円などになります。

 

 

治療する場合は、1日あたり6,000円、通院では1日あたり4,000円の上限があります。

 

 

保険会社によっては異なる点もあるので、加入する場合は自分できちんと確認しましょう。

 

 

自損事故保険を適用した場合は、保険の等級がさがり、保険料は上がることがほとんどです。

 

 

また、自分の過失の自損事故であっても、飲酒や無免許、自殺などの事故の場合は、自損事故保険は適用されません。

 

 

そのような故意の事故の請求だと疑われないように、事故の証明になる警察の介入が望ましいといえます。

 

 

自損事故保険と似たような保険に「自損事故危険担保特約」があります。 これは、運転ミスや操作ミスの単独の自損事故を保障する特約です。